FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
せっかくrootが取れたのだからroot権限ありのアプリを堪能してみた。

結構幅とってるナビゲーションバーを非表示にして大画面を活したいと思い実行してみた。

完全にナビゲーションバーを削ってしまっては操作不能におちいるので以下のアプリをチョイス。

LMT Launcher v1.5 for Evo3D/Sensation/HD2/GSII/GSN and more... (ROOT)
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1330150

Swipepadを知っている人ならわかると思う。画面端をタッチするとランチャーが起動してくるアレに似た感じた。

LMT LAUNCHERは画面端からのタッチ起動や指2本のマルチタッチでホームボタン、メニュー操作、戻るキー、などをエミュレートできる。

特に気に入ったのはroot権限でのアプリKILLができるところ。

まずはこれをインストールして好みに設定して、使える状態にしておこう。

そして次にナビゲーションバーを消し去ってくれるアプリ

FullScreenToggle (root) だ
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1497558

これをインストールしてアプリを立ち上げると

ナビゲーションバーを表示するかしないかのボタンがでるので
Disable nav bar, full screen のボタンを押してあとは再起動

たったこれだけ。やっぱりナビバー表示のままでいいや。というならEnableの方のボタンを押して再起動するだけで戻ります。

devicep07-1.jpg
右手操作親指だとよく使う戻るキーが少々届きにくいがLMTだと扇状に展開するので操作性はよい。
展開アニメーションもカッコいい。もたつくこともなく安定性もgood

device-223152.jpg
ハードキー付きの4.7インチ機とさほど変わらない印象だった5インチですが、ナビバーなしでフルに使うとワンサイズアップしたかのような印象と画面の壮大さになりました。







スポンサーサイト
待望のroot権限取得



手順メモ(先日やった記憶なので間違いあるかも)くれぐれも自己責任で

root取得をめざす方はAndroid SDKはわかっていると思うので省略。

① PanasonicのADBドライバを入手 インストール
http://panasonic.jp/mobile/support/download/p07d/

② goroh_kun氏作成のキットを入手
https://docs.google.com/open?id=0B8LDObFOpzZqVV9tTTkzT3Q2cEk
左上のp07dunlock.zipと書いてあるすぐ下の[file]をクリックしてダウンロード

③ p07dunlock.zipの中にあるReadme.txtに書いてある事柄をすべて実行

手順書内の

(9) tomoyo解除
>adb shell
$cat /data/local/tmp/p07dgetroot > /tmp/xsh
$ls -l /tmp/xsh
-rw-rw-rw- shell shell xsh

無線LANをON/OFF/ONする
$ls -l /tmp/xsh
-rwsr-sr-x root root xsh

$/tmp/xsh
/tmp/xsh
/tmp/.mem fd=3
read ret = 256
write ret = 256
この段階で、tomoyoが解除できている

$rm /tmp/xsh

$cat /data/local/tmp/xsh > /tmp/xsh
無線LANをON/OFF/ONする
$ls -l /tmp/xsh
-rwsr-sr-x root root xsh
$/tmp/xsh
ここで、root権限のシェルが立ち上がるので、色々な動作ができる。suのインストールも可能


↑の最後までくると

app_130@android:/ $ /tmp/xsh
$(precmd)$USER@$HOSTNAME:${PWD:-?} $

こういった表記になればroot権限ありのShellになっているのでまずは成功。
ここまで来れない場合はFactory Resetなりを考えよう。

④ su busybox superuser.apkの設置

http://www1.axfc.net/uploader/so/2656967.zip

ダウンロードkey:p07d

上記をダウンロードしておく

⑤ インストール前にsystemを読み書きできるよう設定

$ mount -o remount,rw /system /system (shellから操作している場合$はつけなくてよい)

パーミッション変更

$ chmod 777 /system/app/

$ chmod 777 /system/bin/

$ chmod 777 /system/xbin/

⑥ ④でダウンロードした su busybox superuser.apkを送り込む

別窓でコマンドプロンプトをひらき

adb push Superuser.apk /system/app/

adb push su /system/bin/

adb push busybox /system/xbin/

前のshellの窓に戻り

chown root.root /system/bin/su
su所有者を管理者に設定

chmod 6755 /system/bin/su
suの実行権限付与

chmod 644 /system/app/Superuser.apk
Superuser.apk の実行権限付与

chown root.shell /system/xbin/busybox
busybox の所有者を Shellにする

chmod 755 /system/xbin/busybox
busybox の実行権限付与

⑦ ⑤で設定したパーミッションを戻す

$ chmod 755 /system/app/

$ chmod 755 /system/bin/

$ chmod 755 /system/xbin/

これでroot checkerなどでroot accessができたとなれば完了。

ちなみに端末を再起動するたびにroot権がきれるので

Android Terminal Emulator などで

------------------------------
(9) tomoyo解除
>adb shell
$cat /data/local/tmp/p07dgetroot > /tmp/xsh
$ls -l /tmp/xsh
-rw-rw-rw- shell shell xsh

無線LANをON/OFF/ONする
$ls -l /tmp/xsh
-rwsr-sr-x root root xsh

$/tmp/xsh
/tmp/xsh
/tmp/.mem fd=3
read ret = 256
write ret = 256
この段階で、tomoyoが解除できている

--------------------------------

をしてTomoyoだけ解除しなければならないが、うまくやればいちいち手入力しなくても端末立ち上げてターミナルでコマンドを自動入力することも可能なのでいい方法を考えよう。

これで使いもしないのに裏で動いているdocomoアプリを粛清することができるようになった。

ちなみに再起動してTomoyo解除前にVideoストアをやってみましたが
やはり「端末が不正変更されています」とでて視聴はできず。
というわけで今月で解約。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。