FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つい最近発売されたばかりのオーディオテクニカ社製ATH-CKS90をさっそく試してみる。

携帯オーディオプレーヤには低音強調やイコライザーなんかがついてますがXperiaにはついてません。
前に使っていたTouch Diamondはイコライザーが付いていて調整ができたのですが、今はその調整ができないのがちょっとした不満になっています。

私の好みはやはりドン!とした低音大好き派なのでシャカシャカした安っちい音で音楽は聴きたくない。

Audio Player WithEQ
こんなアプリもあるにはあるのですが、コメントの通りの評価でした。試してみると音質はザラザラして、音は破綻してしまいます。
かと言って音質重視にするとCPUパワーも食うのでバッテリーにも優しくないため、最速のアンインストールとなってしまいました。

と、なると現状できることは再生器側でなく出力された側で低音を豊かにすることしかない。

私が持っているBluetooth機器でオーディオレシーバーのLBT-AR200C2BKというのがあるが、これには低音強調機能と3Dポジショニング(SRSみたいなもの)機能もあったため、昔からこれを使っていた。

ただし不満もあった。

・低音強調と3Dポジショニングの段階を覚えておいてくれないため、使う度にいちいち調整しないといけない点。
・3機種ぐらいのスマフォでためしたが、レシーバーの電源を切るときPLAYボタンを長押しするのだが、切るとかならず電話発信してしまう点。
・自己放電で1週間使わない程度でレシーバーの内蔵バッテリーが空になってしまう点。
・そしてトドメは普通に壊れたww ペアリングしなおしてもブッツリ切れるw ほかの機器で試してもダメでしたので、お亡くなりなったとあきらめました。保証書どっかいっちまったし・・・

というわけで前置きが長くなりましたが、今回発売前から気になっていたこのATH-CKS90LTDを購入。
重低音をウリにしている製品だし一つ前の型番も評判が良かったようなので購入しました。
LTDは初回限定生産カラーということもあり、黒のXperiaと赤いイアホンの組み合わせはなんかイイカンジに思えたのでそちらに決めた。

CKS90

MH Beats IE by dr.dreというのもググると低音ではかなりよさそうだったのですが、耳につけるときのポジジョン次第でかなりスカスカしたりするという評価を見て、歩いたり振り向いたりしたときちょっとめんどくさそうと思い見送り。

で、さっそく聞いてみる。

うん、低音が豊かだ。
ドン!とした低音ではなく豊かさが広がったという感じです。豊かさ=心地よさ
歯切れ感はまあまあ
耳に挿した時、ほんのちょっとのズレで低音の厚みが変わることもなく、そこら辺も合格。←これ重要。
ただしイアーパッドはしっかりあったものを選びましょう。

中高域に関してはよほどの耳の人でない限りそんなに文句はないでしょう。
解像感がどうのこうの言われても文字じゃわからんしね・・

今までつかっていた、ATH-CKM50の方が繊細感はあったが、まあ造りの問題、コンセプトの問題もあるのでどうでもヨシ。

オーディオテクニカ系はエージングでかなり変わるので、ただいまエージング中。
どうでもいいことだが今回エージングに選んだ曲は Madonna の Holiday 歯切れのいい低音でチョイス。
CKM-50の時もエージング前とエージング後は音の質がわかるぐらい変わったので、期待して前と同じく10時間ほど大きめの音量で鳴らしておいておく。

さて、どう化けるかね。






関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sithxi.blog49.fc2.com/tb.php/10-4ed11cb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。