上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと強引だけど一応できる。

Xrecovery0.png

必要なもの

Root権限
WindwosPC
AndroidSDKがPCにインストールされていること。
xRecoveryに関する知識

ここに材料ひとまとめしておいたので、ダウンロードする。
(セキュリティーソフトによってはウイルスと誤判断するかもしれない)
(このFlashToolはこの記事の専用として改造してあるので他目的で使わない)

arcをUSBでつなげておく

解凍してFlashtool.exeを起動

select.jpg
Arcは選ばずX10で進める。

ask_root.jpg

ask Root Perms ボタンを押してrootの確認を取る。(Arcの画面もみてsuper userの許可を出しましょう)

- Please check your Phone and 'ALLOW' Superuseraccess!
- INFO - Root Access Allowed
- INFO - APK Installation canceled


上記がでたら今度はxRecoveryのボタンが押せますので押します。

INFO - Installing xRecovery to device...
INFO - Remounting system read-write
INFO - Pushing .\custom\xRecovery\recoveryX10.tar.bz2 to /data/local/tmp/recovery.tar.bz2
INFO - Pushing .\custom\xRecovery\chargemon to /data/local/tmp/chargemon
INFO - Pushing .\custom\xRecovery\model to /data/local/tmp/model
INFO - Pushing .\custom\xRecovery\chargerX10 to /data/local/tmp/charger
INFO - Pushing .\custom\xRecovery\sh to /data/local/tmp/sh
INFO - Running installrecovery as root thru sysrun
INFO - xRecovery successfully installed

xRecovery successfully installedがでれば導入完了です。

次にキットのフォルダにある”画面キャプチャASM_2_30”フォルダを開き

asm.jarをクリックする。

arcの画面がPCで見れることを確認する。
(画面内右クリックメニューでAdjust colorで赤いのを防止できます)

動作を確認したら arcを再起動しxRecoveryを立ち上げましょう。

xRecoveryの使い方を知っている方は問題ないはずです。
知らない方はググってxRecoveryの使い方を習いましょう。

無事xRecoveryが立ち上がっても端末はSony Ericssonロゴのままです。


しかし画面キャプチャツールでみるとxRecoveryが立ち上がっていることが確認できるはずです。

xrecovarc.png

ちょっと画面が変ですがキャプチャ画面をみて操作しましょう。
メインメニューの動きは上側が動いたり下側が動いたり交互しますので注意。

これでとりあえずはPCあればキャプチャ画面みながら楽~なバックアップとリカバリができるようになりました。

arcできちんと使えるxRecoveryが出るまでこれでしのぎましょう。。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sithxi.blog49.fc2.com/tb.php/44-5d4d62c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。