FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Task管理アプリで不必要なアプリを止めてバッテリーを節約しているつもりが・・・

どうも、Task管理アプリ自体がバッテリーに負担をかけているものも有るようだ。
筆者が使用しているのは、Advanced Task Managerだが、
端末情報のバッテリーの電池使用量を見てみると・・・


電池使用量

!!セルスタンバイとほぼ同等・・しかもこのスクショを撮った時は3Gを切っていた時間もそれなりにあるので、もっと端末を長く使っていると実際は30数%まで上がります。

そこで情報収集に走ると、

>あとタスクマネージャーの中にバッテリー食いがいるのには同意

という文面をみつけた。

基本はメモリの空き確保がメインではあるが、それに伴い余計なタスクを切ることでほんのちょっとだけでもバッテリーを節約するために入れているアプリがバッテリー食いでは話にならない。

AUTO KILL機能はそこまで頻繁にKILLっているわけではないが、このアプリ以外で同等の機能を有しており、かつ動いているアプリ、サービスの拾い漏れのないTask Killerアプリを探さねばならなくなってしまった。

あと前から気になっていたが、このアプリ、どうも内部で2重3重に起動してまうバグがあるようで、タスクバーではなくアプリのショートカットから立ち上げる度にこのアプリの使用メモリが増えている点だ。最初の起動では15Kぐらいだが、そのうち27kぐらいまで増えてくる。設定画面開いてbackボタンでもどると一覧がに戻るが、さらにbackボタンを押すとHOME画面にならずにまた一覧画面がでるときあり、よく見てみると一覧の内容も違ってたりするので、2重起動っぽい気がする。

ちなみにこのAdvanced Task Managerの主な機能は

時間ごとのAuto Kill
端末シャカシャカ振ってKill
ウィジェットのボタン一発でKill

なのが主である。

Androidの旅はまだ始まったばかりである・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sithxi.blog49.fc2.com/tb.php/5-188fb3c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。